東京熱に入会時の注意点

初めて東京熱に入会される方へ

みなさんは東京熱のサイトやプレースタイルを見て、東京熱に興味は持っても、入会するとなると少しためらってしまうことはないでしょうか?
僕も最初はそうでした。
僕が初めて東京熱に会員登録したのは、2007年頃だったと思います。
それまでは、カリビアンコムや一本道といった “ごく一般的” なAVサイトを楽しんでいたのですが、あるとき偶然目にした東京熱(TOKYO-HOT)という一風変わったサイトに、強烈な印象を受けました。

僕がそれまでに入会していたいくつかのサイトに比べると、東京熱は明らかに怪しげな雰囲気を醸し出していました。
サイトのデザインもそうですし、何より東京熱作品のキャプチャー画像が、美しい女性と、そのカラダを撮影していながら、まったく美しくないんです…。

高垣怜「完璧モデル無限群貪膣射カン」

東京熱は美女を陵辱するSの人向けのサイト

普通のAVにあるような、”裸の女性の美しさ” は、東京熱にとっては観賞するものではなく、壊すためのもの、と捉えているようで、普通のAVを見慣れた目からは、すごく違和感がありました。
しかし、一方では、それまで見たこともないような特殊なプレースタイルがある意味新鮮でもありました。

と同時に感じたのは、出演しているモデルたちが、他のどのサイトよりも断然レベルが高かったことです!
その当時の東京熱は、特に女性モデルの質にこだわっていたようで、顔が美人であることはもちろん、スタイルはファッションモデルやレースクイーンでも勤まりそうな、とびっきりの美女だらけでした。
実際、元モデルや、元RQといった女性も多く出演していました。

この、モデルの女性たちのレベルの高さが、僕が東京熱に入会した一番の要因です。
「とびっきりの美女たちと乱れまくる」という東京熱作品の作風は、不安以上に魅力的でもあったのです。

如月莉亜「上玉新人嬲嬲輪カン忌汁塗」

実際に入会してみると

多少の不安はありながらも実際に入会してみると、心配していたような点、例えば

  • ちゃんと動画は見られるのか?
  • 不正な請求は来ないだろうか?
  • きちんと退会できるのか?

といったことは、まったく問題ありませんでした。
自分で安全性を確認したあとは、「そりゃ、長年運営してきた実績のあるサイトだから大丈夫だろう」なんて思えるのですが、やはり海外配信のアダルトサイトでクレジットカードを切るというのは、どうしても不安がつきまとうものです。

佐伯涼子「略奪的貸付輪カン落涙返済」

結論:美女を陵辱することに快感をおぼえる人には、東京熱は最高に刺激的なサイト!

東京熱の安全性については、僕自身が確認しているので、まったく心配ありません。
僕は、過去に2度退会と再入会を繰り返した経験がありますが(決済会社が変更になった際など)、いづれも問題なく退会することが出来ています。

また、東京熱は2002年に開設されて以来、1度もサービスが停止したことがないという、ライバルサイト以上に “健全” なサイトでもあります。

ということで、東京熱に入って得かどうかは、あなたが「美女を陵辱する特殊なプレースタイル」を見たいかどうか、それ次第です

ごくごくノーマルなセックスにしか興味のない人は、東京熱には入らない方がいいと思います。
しかし、もしあなたが美女を好き放題にいたぶることに快感をおぼえるS的資質を持っているのなら、東京熱は最高に刺激的なサイトとなるはずです!

東京熱の公式サイトへ

おすすめ記事

  1. 竹内美穂 笑顔がカワイイ女の子 竹内美穂
  2. 西尾いずみ 可愛い女の子がアソコをびっちょびちょに濡らして感じまくる! 西尾いずみ
  3. 杉崎杏梨 美人OLを陵辱する男性憧れの作品 男たちに拘束される杉崎杏梨
  4. 高城みくり 期待してたほど可愛くなかった 高城みくり
  5. 黒木真由美 チーム木村に色っぽいスレンダー美女が登場! 黒木真由美
  6. 藤本えりな Hカップの巨乳を弄り倒すオッパイ星人に特化した作品 藤本えりな
  7. 城崎麻理子 エロカッコイイ本物レースクイーン 城崎麻理子
  8. 水樹梨香 イイ女だけにもう少し反応が良ければ… 水樹梨香
  9. 香山瑞希 派手な顔したお嬢様風美女をイジメまくる! 香山瑞希
  10. 三浦香奈子 お嬢様の雰囲気なのに超エロいカラダ! 三浦香奈子

特集

東京熱歴代モデル個人的BEST30
カリビアンコム歴代AV女優個人的BEST50
天然むすめ歴代シロウト個人的BEST30

ピックアップ記事

  1. 藤原紗英
  2. 加藤かすみ
  3. 音羽レオン
黒木真由美
  1. 愛花沙也
  2. W姦 伊藤ゆう&小林理紗
  3. 里中菜々
  4. AYU
  5. 椎名ジュン
  6. 瀧澤まい
PAGE TOP